ファンタスティック東京
第1日目    第2日目   第3日目その1  第3日目その2  まとめ
今日は、お仕事^^
千駄ヶ谷の国立競技場の隣である。
仕事場所に行く途中にラーメン店をチェック。
「あっ、ホープ軒がある。どんな店だったかなぁ・・・・。」
行くつもりはなかったので、何も情報がない。
確か・・・・・・それなりに有名だったはず・・・・・。
しかし、不安である。



困ったときのあまちゃん頼み、えぬ(N)さん頼み。
連絡を取ってみる。
すぐに二人から情報が入る。
持つべきものは、友である←自分に都合のいい奴(^^ゞ



二人の情報を総合的に考えてみるとどうやら、

 ・東京ラーメンの異端児
 ・有名店
 ・支店が多くあるが中でも「千駄ヶ谷支店」は有名である。

らしい。


というわけで、食べてみることに^^

ホープ軒

ラーメンがエレベーターで運ばれてきたが、ぱっと見が雑。店員さんのラーメンの扱いも雑である。
立ち食いラーメンだから仕方がないのかなぁ。

スープを見るとラードが分厚い。背脂がたっぷり。店内は豚骨臭がする。雰囲気が殺伐としている。スープをすする。
脂超こってり。粘度まあまあ。コクあっさり(T.T)
麺は、1oぐらいの太麺。
豚骨中心のスープだが(あまり飲んでいないのでよくわからない。)
九州では、まず受け入れられないラーメンだと思う。




夕方に、あまちゃんからメールが入る。
目黒駅で待ち合わせをすることになった。無事落ち合うことができ、まずは、二郎へ行ってみる。
途中あのラーメンで有名な某人の職場を教えてもらったり、あまちゃんの家を教えてもらったりした。
で、程なく二郎の前に到着^^

二郎
運良く行列が無かったので、すぐに店内へ。小ラーメンを注文する。
出てきたラーメンは・・・・・

これが小ラーメンの正体である。

どこが小なんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
おまえは、ちゃんぽんかよぉぉぉぉぉ
(*`ε´*)ノ~~~~~~~~~ν ピシッ!
もっと近づいてみよう。
これぞ、東京のラーメンの本領発揮の量である。

事前に調べた資料では、麺の量は280gとのこと。
こんなん、絶対食べ切れません(*`ε´*)ノ


そう思いつつ、まず、スープをすする。
麺を食べる。
初めて出合う食べ物である。
麺は口で咀嚼しないといけない、超太麺のストロングタイプ。食べても食べても無くならない。

塩が強い。
醤油も強い。
脂・・・・(笑)
コク・・・・・食べるの大変なのよ。そんな話は今はよしてちょうだい(笑)



横目で見ると、あまちゃんはばりばりと食べている。
私は、まだ、ほとんど食べていないというのに、どんどん麺と野菜、スープが無くなっている。
ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ
(ノ゜凵K)ノびっくり!!
何でこんなに食べられるの。。゛(ノ><)ノ ヒィ

私は、とうとう残しちゃいました(;^_^A アセアセ…

二郎はファンが多い。
All about「二郎


私には二郎は理解できない。
私には、わからない世界があることだけはわかる。多分私の食べる所を見てあまちゃん楽しんだんでしょうね(笑)


夜はあまちゃんが20才ぐらいの頃から通っている焼鳥屋で飲むことになった。
名前は「大保@目黒」
東京都目黒区目黒1−24−19
下町山の手の居酒屋なので、お店にいるお客さん同士、あっという間に仲良しになりました^^

(重箱のすみをつつかれてます。。゛(ノ><)ノ ヒィ)<下町

ホント素敵な方ばかりです^^
我々、九州の人間と相性いいのかも♪
(/^-^(^^*)/ ダキッってしたくなるおじさんばかりでした。
ラーメンをメチャ語るデブサップさんとも出会えました。
SさんMさん(ってなんか変にとられそうだ(笑))その節はお世話になりましたm(__)m
デブサップさん、書き込みしてねぇぇぇぇぇぇぇ(笑)
待ってます♪

第1日目    第2日目   第3日目その1   第3日目その2  まとめ